豊富な情報量で本格的トレーニング

スマートフォン上の僅かなスペースで
●キャンドルチャート
 (1分足から4時間足)
●ボリンジャーバンド
●EMA(指数移動平均線)
●出来高
●ファストストキャスティクス
●RSI(相対力指数)
を一瞥表示
スマートフォン上でご自宅のパソコンと同じ情報を用いてトレーニングできます

本物のFXで勝つためのゲーム

●FXユーザーの90%が負けるといわれています。FXをそのままゲームにすると殆どのユーザーがマイナスになります。
●このアプリの目的は「短時間で何度でもトライして勝てるパターンを見つけ、最終的には本物のFXで勝ち続けるスキルを身につること」です。
●そのため「20トレードで1セットになっているステージ」は負けたら無効、勝ったものだけを記録します。
●負けを気にすることなく、何度でも勝てるパターンを見つけるまでトライすることが可能です。

多角的なゲーム要素で楽しく学べる

●ゲームは、毎トレードごとに偏差値が表示され、あなたのスキルの上達を毎トレードごとに確認できます。
●20トレードが終了すると「ステージ結果」が表示されます。「絶対金額順位」「絶対金額/クリアに掛かったトライ回数」の2種目でステージ順位を算出、100点満点で評価されます。(上位12%なら88点)
●30ステージで1クールのゲームが終了します。何度でも無料で再トライ出来ます。
●カンニング防止のためにチャートはプラスマイナス100pipsの範囲で調整して表示されます。

EMA 指数移動平均線

短期=ピンク 中期=グリーン
長期=ブルー  超長期=レッド
デフォルト値として、スキャルピングで用いられることが多い「短期EMA5」「中期EMA8」「長期EMA13」「超長期EMA200」を設定していますが、この数値はチャート画面最下段のボタンで変更可能です。
「スキャルピング(EMA5,8,13,200)」
「デイトレード(EMA10,20,50,200)」
「スイングトレード(EMA20,50,100,200)」が選べます。
3本の移動平均線の順番が、上から短期➡中期➡長期になっていれば上昇トレンド。長期➡中期➡短期になっていれば下降トレンドです。
「超長期EMA200」は全体のトレンドの確認や強力なサポートラインとして機能します。

ボリンジャーバンド

薄いグレーの範囲がボリンジャーバンドです。3段階ありますが、ボリンジャーバンド上限、中心線、下限となります。「価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まる」という統計学を応用したテクニカル指標です。





RSI (相対力指数)

最下段の赤線です。70%以上は買われ過ぎ、30%以下は売られ過ぎの水準となり、売買の判断基準となります。

ファストストキャスティクス

ファストストキャスティクス
・グリーン・レッド共に20%以下の時に、グリーンがレッドを下から上抜いた時=買い
・グリーン・レッド共に80%以上の時に、グリーンがレッドを上から下抜いた時=売り

ストキャスティクスは先行指標であるため、ダイバージェンシーから判断することも可能です。 ダイバージェンシーとは、逆行現象という意味で、相場は上値を更新しているにも関わらず、ストキャスティクスは上値を更新出来ずむしろ下向きに傾いているような状態です。 逆も同様です。

完全無料の「超速FX達人」を今すぐダウンロード